喜園で成婚している人達は、大体LINEを毎日しています。

成婚している人は大体LINEを毎日しています。|東京恵比寿の結婚相談所|喜園
成婚している人は大体LINEを毎日しています。|東京恵比寿の結婚相談所|喜園

お見合いで成立した人との関係を発展させるには、まずはLINEをすることから始まります。

そして成婚している人の殆どは、短文でも毎日メール取りLINEをしています。

LINEでのやりとりを何往復もしているうちに相手のことを知ることができて、お互いが実際に会ってみたいと思うようになってきます。

お見合いで交際が始まったら、最低一回はデートをしなくては交際解消が出来ません。

交際成立しているにもかかわらず一度も会わずにお断りをする場合は、

高額なペナルティーが発生してしまいますのでご注意を。

そういったことを避けるためにも、婚活中は相手とのメールを途切れさせないようにしたいですよね。

しかし返信などしたくなくなる様な内容だったり、

断定で終わってしまうと後で返信しようと思って返信を忘れてしまう場合があり誤解をしてしまいます。

最初はまずお互いの名前をなんて呼ぶのが良いかを聞くのが良いと思います。

女性はいつまでも若い気持ちでいますので、「ちゃん」付けで呼んで欲しいものですが、
経験から言うと男性が女性を呼ぶのは「呼び捨て」が良いようですが

女性が男性を呼ぶときは、必ずさん付けか、スペックの高い医師とか、弁護士、税理士さんなどは
恋人同士や、夫婦になってからも先生とかB男さんとかの敬称を付けて呼んでください。

どうして私も師、士業なのに男性からは先生とか、さんとかの呼び方ではダメなのか?
結婚したくなければ良いですが、お姑と言う方がバックで仁王立ちしている事をお忘れ無く!!!

結婚はまず相手がいて、殆ど姑が居ると言う前提で全て作戦を立ててくださいますように、、、
色々な方がいらっしゃるので、兎に角最初はなんて呼んだらいいかを尋ねましょう。

それでは次回はメッセージの送信頻度についてお伝えしますね。


婚活仲人専門家:遠藤 アキに無料相談する

お名前 ※必須

メールアドレス ※必須

年齢

第一希望日

月 日 

第二希望日

月 日 

第三希望日

月 日 

自由記入 ※ご不安ご質問などございましたらお気軽にご記入ください。

電話 無料相談