婚活交際中の貴女へ、彼を落とせるプロとアマの違いを特別暴露!

婚活交際中の貴女へ、彼を落とせるプロとアマの違いを特別暴露!|東京恵比寿の結婚相談所 喜園
婚活交際中の貴女へ、彼を落とせるプロとアマの違いを特別暴露!|東京恵比寿の結婚相談所 喜園

こんにちは、東京恵比寿の結婚相談所 喜園の女将とスタッフのタクヤです。

今回は無事彼とのお見合いが成功し、交際期間に入っている女性たちに向けて特別指導を行います。

タクヤ
「最近合コン行ってもその後女性から連絡が返ってこずにスルーされるんですよね〜。。会の最中は結構好反応だと思ってるんですが。」

女将
「あなたウチで働いといてまだそんなこと言ってるの?? 一体何て誘ってるのよ??」

タクヤ
「いや、いたって普通に『こないだはありがとう、◯◯ちゃんのこと良いなと思ったから今度2人でゴハンでも行かない?』と送っていますよ?」

女将
「・・・。ダメだこりゃ、、」

タクヤ
「え(笑)はっきりと男らしくストレートに誘っているのにダメなんですか??汗」

女将
「ダメに決まってるじゃない。あなた自分のことをイケてると思ってるから、女性に対してもどこか選ぶ立場でモノを言っちゃってるのよ。それがバレバレ。そんなのじゃ女の子も返事できないわ。」

タクヤ
「マジですか。。? 何て言ったら正解だったんですか?」

女将
「そこは『〜日までで期限が切れるチケットがあるから一緒に行かない?』とか、『知り合いのお店にどうしても来てって頼まれてるんだ。良かったらついてきてくれないかな?』とか口実をつくらないと女性は動かないわ。誘われた子も他の女の子にあなたからデートに誘われた事実がバレても言い訳できるでしょ?女性は建前が重要なのよ。」

タクヤ
「なるほど。。。頭に雷が落ちました。。どうりでおかしいと思ったんですよ。あからさまに最近いろんな子にスルーされるので。。」

女将
「そんなの女性を誘う上で基本中の基本よ。ってあなたの恋愛相談に載ってる場合じゃないんだから、今日は女性婚活者に向けて女将のマル秘テクニックを3つ紹介するわ。即効性のあるものだから是非スグに使ってみてね。」

1:「事務員じゃないんだからもっと相手をときめかせるお礼を言いなさい。」

活用シーン:デートで食事をご馳走になり解散した後のLINEで、、

一般人:「今日はたのしかったです。ありがとうございました。また連絡ください。」
プロ:「今日はご馳走様でした。なぜだか、あなたと一緒にいると時間が経つのがとても早く、たのしかったです。また宜しくお願いします。」

効用:相手が自分と結婚する気があるのかないのかを早急に判別することができるの。このセリフを言われたら男はイチコロよ。ただし、好意的に思っている場合に限りね。貴女に興味がなかったら以降はないわ。

2:「365日がバレンタインデーよ。気を抜いてんじゃないわよ。」

活用シーン:彼に手作りチョコを渡して好意を伝え、好感度アップを狙いたい、、

一般人:2月までチョコレートを渡すのを待つ(2月15日に出会った場合は364日経つまで待たないといけない、、)
プロ:「バレンタイン前にあなたに会っていたら、チョコをあなたに渡したかったわ。」といって季節外れのチョコレートを彼に渡す。

効用:結婚する気があるのかないのかを早急に判別することができる。こんな他の女がしないようなことをされたら男はイチコロよ。ただし、好意的に思っている場合に限りね。貴女に興味がなかったら以降はないわ。

3:「ハイヒールはあなたのオシャレのためにあるんじゃない。彼の腕を掴むためよ。」

一般人:足が痛くて我慢する。
プロ:ハイヒールを履いて、『足が痛くなっちゃったんで、良いですか?』と言ってわざと彼の腕を組む。

効用:結婚する気があるのかないのかを早急に判別することができる。こんな他の女がしないようなことをされたら男はイチコロよ。ただし、好意的に思っている場合に限りね。貴女に興味がなかったら以降はないわ。

鉄則:「好き」という直接的なセリフは絶対に言ってはダメ

女将
「どう?シンプルだけど効果大のテクニックよ。注意点はとにかく『好き』ということをストレートに言わないこと。男性は追うのが本来の本能なんだから、貴女から追っちゃうと彼は逃げてしまいますわ〜〜!」

タクヤ
「すごい、、すごいですよ女将さん!! 僕はこれまで喜園に仕えてきて今日ほど女将さんを凄いと思った日はありません!冒頭に習ったテクニックで、早速今後の女性相手に活用してみます!」

女将
「おほほ、これで皆も楽々結婚できますわ〜!」


婚活仲人専門家:遠藤 アキに無料相談する

お名前 ※必須

メールアドレス ※必須

電話番号 ※必須

年齢

第一希望日

月 日 

第二希望日

月 日 

第三希望日

月 日 

自由記入 ※ご不安ご質問などございましたらお気軽にご記入ください。

電話 無料相談