男性編II起業して成功したいあなたへ


103156
結婚はまさに、起業家にとって一大チャンスです。
まず ご自身の結婚に求める拘りの条件をはっきりさせることが第一です。

起業して成功を手に入れたいと思っているあなたが、結婚するために最も必要なことは何だと思いますか
それは、自分が結婚に求めている条件の中で、絶対に譲れない点をはっきりさせすることです。

例えばあなたが、今の会社を辞めて起業するなら、お相手の若さや見た目だけで結婚して
起業した会社が傾いたら、女性を幸せになんてできません。
しかし女性の実家が大企業の重役のお嬢様や、資産家のお嬢様なら、いざというときは、援助してくれます。

可愛い娘の、婿殿ですよ、、、

極端に言えば、顔は普通でも、美人は三日で飽きるというように、美人はモテますから
普通の人で、実家の良い(お金の援助が出来る)お嬢様を選びましょう。
男は世に出て出世しなくては、価値はありません、女性や家族を幸せにできるのは

むしろあなたの家柄より上のレベルの上の方と結婚する事なんです。出来るだけ顔や若さより
家柄と資産のある女性を選ぶことが、大切です。

毎週のように違う人とお見合いやデートして、一番条件がいい女性を早めに絞って、結婚しようと思っているくらい、それくらいドライに考えてそして、仕事で成功する土台を作ることで、社会貢献できると言う訳です。

良い悪いは別として、大切なのは、絶対譲れない軸がはっきりしていて、自分が満足できるのはここ、と

いうことを理解していること。精神面なのか、相手の実家が資産家なのか、それとも他の何なのか、条件がはっきりしている男性は結婚しやすいのです。
一番は、レベルの高い相手と結婚する事です、(政略結婚とでも言いましょうか、、、)

女性が男性よりもレベルの低い環境の家庭の女性と結婚したら大変ですよ、男性側の親御さんには、ハッキリ言って嫌われます。家柄の違う女性は残念ですが、男性の(あなたの)姑女から間違いなく、いじめられてしまうので、女性は、ご自身で劣等感をもってしまい最初2人が良くても、そのうち上手く行かなくなります、あなたが銀行にお金を借りるより、奥さんの実家に援助してもらう方が、良いに決まってます

どんなに最初は2人が良くても、愛だの恋は残念ながらそのうちに 冷めてしまいます。

「40歳前後くらいになった男性が結婚するためには、自分の中に一本芯を通すこと。それが最も必要なことです。」

資産、学歴、イケメンで、一見何でも望むものは手に入りそうな名家のご子息たち。
しかし、あなたたちの婚活は相手が限定されている分、生活レベルを落としたくないなら、
一般男性よりハードルは高く厳しいのです。

「お見合いや紹介のとき、‘今までの女性とは違う、自分を理解してくれて、大事にしてくれる‘と感じ実家が資産家で、 その第一印象は間違っていないならその方に決めるべきで、仲人さんにゆだねましょう

趣味はまったく合わなくても、金銭感覚やものごとの価値観が同じなら、子どもの教育や親の介護など、
問題にぶつかったときにお互いの意見が食い違うということが少ないのでまずは、早く結婚してから子供を作る事でご自身も変わる事が出来ライバルに勝てる勝負の時です、

しかし今回は、婚前交渉はしない事、遊び相手では無いのですから
結婚したら色々な局面にぶつかると思いますが、その都度、貴方が責任を持って立ち向かうことで、2人の信頼も強くなるはずです。

結婚しても、お互いに違う世界を持っている方がかえって良いのです、飽きるということがなく。
出会いのききかけが紹介で合っても、交際してからお互いを知り、お互いを支え合って
お互いの親や兄弟を思いやる気持ちを持つことで幸せが得られるはずです。

最後に、あなたにアドバイスをするとしたら
「運命に逆らわないことです。誰と結婚したとしても多かれすくなかれパーフェクトな人間なんていません
婚期の波が来ていると思ったら、さっと乗る。パドリングしながら、ここぞというときに波に乗ることが大切です。

私が、波に乗せて差し上げます。起業したい男性や、起業していて将来が不安な男性は、結婚相手を慎重に選んでください、幸せになる人生の最大のチャンスですよ、まだ他にいい人がいるかも知れない、なんて思ってないで          ご自身のこだわる部分をしっかりもって、どこかで【ふんぎりをつける】ことです。

男は仕事が一番なんです、それで家族が幸せになり日本を支えるのですから
何事も人任せにしないで、自分の価値観をしっかり持って、

感やフィーリングを大切にして磨く事です。それが結婚への近道でございますわよ~


婚活仲人専門家:遠藤 アキに無料相談する

お名前 ※必須

メールアドレス ※必須

電話番号 ※必須

年齢

第一希望日

月 日 

第二希望日

月 日 

第三希望日

月 日 

自由記入 ※ご不安ご質問などございましたらお気軽にご記入ください。

電話 無料相談