病気中に思った、青年実業家の私(30)が結婚相手の女性に求めるもの


病気中に思った、青年実業家の私(30)が結婚相手の女性に求めるもの|東京の結婚相談所 喜園

こんにちは、喜園スタッフのタクヤです。

今日は最近ぼくが体調を崩した時に感じた、「結婚するならこんな女性が良いな」をご紹介します。

年齢的に婚活女性のターゲット層に含まれていると思いますので、生の声として参考にして頂ければと思います(笑)

滋養のある食事をつくってくれる女性は確実に結婚相手としてみれる

今回僕が体調不良になった理由が『自炊による食あたり』(笑)であることが大きく関係していますが、食事は本当に重要だなと感じました。

一人暮らしの男性だとどうしても外食に偏ったり、野菜のない簡単な自炊で済ませてしまったりと、決して栄養バランスのとれた食事環境とは言えないはずです。

この時僕は「栄養あるご飯を毎日つくってくれる女性がいたら嬉しいなあ」と本能的に思ってしまいました。

普段から女将が言っている『男性の胃袋を掴む』というのはこういうことかと実感しましたね。

オシャレなイタリアン料理なんかは外に行けばいくらでも食べれるから女性相手には求めません。どちらかと言うと、家庭的な、どこか実家の母親を想わせるような優しい食事を提供してくれたらやはりグッときちゃいますよね。

食事に限らず、健康管理に気を配ってくれる女性は確実に結婚相手としてみれる

次に健康面。

今回体調を崩したことによって、日頃の健康管理の重要性を痛感しました。

特に一人暮らしでハードワークをされている都会の独身ビジネスマンは、寝る間も惜しんで仕事をしている方が多いと思います。

日々上司やクライアントに詰められながら、時には土日も返上してデータの分析や資料を作成したり、、

移動中の新幹線やタクシーの中でもメールチェックや電話応対してみたり、、、、

こうした日々が続くと当然肉体的にも精神的にも疲労が溜まってきますので、そこを気遣ってくれる女性は特別視しちゃいますよね。

僕の場合は自分で事業をしていることもあり強く思いますが、女将が日頃言う様に、基本的に男性は女性に対して癒しや安心を求めます。

具体的に言うと上記の様な健康面のサポートが第一ですね。

「自分が世の中で活躍していく上での内助の功を発揮して支えてほしい。」

そう思っている男性は決して少なくないはずです。

なんてことを、病に臥せっている間に考えていました。


婚活仲人専門家:遠藤 アキに無料相談する

お名前 ※必須

メールアドレス ※必須

電話番号 ※必須

年齢

第一希望日

月 日 

第二希望日

月 日 

第三希望日

月 日 

自由記入 ※ご不安ご質問などございましたらお気軽にご記入ください。

電話 無料相談